Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

AcrobatやAdobe Readerに脆弱性 - すでに攻撃コードの報告も

Adobe AcrobatやAdobe Readerに脆弱性が見つかった。すでに脆弱性を狙った攻撃コードも出回っているという。

米Adobe Systemsによれば、JavaScriptの処理に問題があり、不正なPDFファイルを閲覧した際に、アプリケーションをクラッシュさせたり、第三者によるコードが実行されるおそれがある。

いずれもバージョン8.1.2、および7.0.9に影響があり、以前のバージョンも含まれる。エクスプロイトについても複数の報告が寄せられており、同社ではアップデートの適用を呼びかけている。

Security Update available for Adobe Reader and Acrobat 8.1.2
http://www.adobe.com/support/security/bulletins/apsb08-15.html

Adobe Systems
http://www.adobe.com/

(Security NEXT - 2008/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
MS、脆弱性「Zerologon」について再度注意喚起 - まずはパッチ適用を、対処FAQも更新
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 11月3日に定例外アップデートを公開予定
監視ツール「Nagios XI」に複数脆弱性、アップデートを - PoC公開済み
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
バックアップソフト「Macrium Reflect」に権限昇格の脆弱性
WP向けダウンロード監視プラグインに脆弱性
「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正