Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報や口座番号含む伝票綴りが所在不明に - 大阪協栄信組

大阪協栄信用組合は、本店営業部において、顧客情報43件が記載された伝票綴り1冊が所在不明となっていることを明らかにした。

所在がわからなくなっているのは、2008年1月23日分の伝票綴り1冊。当日に取引があった個人顧客24件、および法人顧客19件の顧客情報が記載されていた。氏名や法人名、口座番号、取引金額のほか、一部顧客については住所、電話番号、職業、生年月日、設立年月日なども含まれる。

同組合では、関連する顧客への説明と謝罪を行った。また、紛失した情報の不正利用などは報告されていないという。

(Security NEXT - 2008/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

年末年始に個人情報の紛失3件が判明 - 大阪市
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
料金払込票を一時紛失、配送センター洗浄室で回収 - ミニストップ
送迎リスト紛失、車上に置いて走行 - 高齢者福祉施設
障害福祉サービス事業所利用者の個人情報を漏洩 - 横浜市
個人情報含む可能性のある公文書が所在不明 - 大阪市
血液検査結果を保存したUSBメモリが所在不明 - 北野病院
ゴミの「ふれあい収集」対象者名簿が所在不明に - 大阪市
患者情報扱うPCが所在不明、店舗リフォーム時に誤廃棄か - 調剤薬局