Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Bank of America」のフィッシング詐欺に新手口

フィッシング対策協議会は、電子証明書の発行を偽装した「Bank of America」をかたるフィッシング詐欺について警告を発していたが、新たな手口を確認したとして再度注意を呼びかけている。

今回確認されたフィッシングメールは3月29日に発信されており、ログインを失敗したことによりアカウントへのアクセスをブロックし、制限を解除するために本人確認を実施するとしてフィッシング詐欺サイトへアクセスを促すもの。

フィッシング詐欺サイトはすでに閉鎖されているが、国内企業のウェブサイト上に仕掛けられていたという。

(Security NEXT - 2008/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
「偽OCN」の請求メールに注意 - 目立つISP装うフィッシング
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
「BIGLOBE」に見せかけ、請求メールに見せかけたフィッシング攻撃
Twitterアカウント狙うフィッシング攻撃が増加 - 「Twitter Blue」に便乗
ETC利用者狙うフィッシング - QRコードで誘導
楽天装うフィッシング - 「注文を出荷できません」などと不安煽る
「ゆうちょ銀」装うフィッシングに注意 - 20種類以上の件名バリエーション
ソニー銀装うフィッシング攻撃に注意 - 取引目的の定期確認を偽装
じゃらんnet装うフィッシング攻撃が発生 - 全国旅行支援を標的か