Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正コード埋め込みは6ページのみ - トレンドマイクロ調査結果

トレンドマイクロは、同社ウェブサイトの一部が改ざんされた問題で、ウイルスが感染するおそれがあったページは6ページだったことを明らかにした。

同社によれば、日本語サイト、英語サイトあわせて31ページにわたり改ざん被害が発生したものの、不正なスクリプトが追加されたページは、英語サイトの6ページのみだったという。それ以外のページは、コードの挿入に失敗し、文字列の改ざんにとどまった。

攻撃方法は、ウェブアプリケーションの脆弱性を悪用したSQLインジェクションによるもので、今後同社では、第三者機関をまじえて、ウェブアプリケーションのセキュリティ強化を目指すという。

(Security NEXT - 2008/03/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

総務省、ネットトラブルの事例集に誹謗中傷に関するトピック追加
児童提出物を不適切に廃棄した小学校教諭など処分 - 新潟県
深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
ゆうちょ銀「mijicaカード」で約332万円の不正送金被害 - 54人から不正カードに
個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - つくば市
「Emotet」に感染、なりすましメールが送信 - マルハニチロ
JR九州の会員サイトにPWリスト攻撃 - ポイント交換被害も
【不正チャージ問題】金融機関口座の取引履歴、「合算」表示に注意を
「ドコモ口座」経由の不正チャージ、172件2776万円に
岡三オンライン証券にPWリスト攻撃 - 資産売却や出金被害は未確認