Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール添付ファイルの誤送信リスクを低減する新製品 - HDE

HDEは、添付ファイルによる情報漏洩リスクを低減する「HDE Secure Mail for Online Storage」を3月31日より発売する。

同製品は、送信ファイルの添付ファイルを受信者へ直接送信せず、自動的にサーバで保存、受信者へダウンロード用のURLを通知するメールセキュリティソリューション。

受信者がファイルをダウンロードする前であれば、送信者がファイルを削除することができる。また保管期間を指定したり、ダウンロードの履歴を送信者が確認することが可能。ファイルのダウンロード時は、SSLにより暗号化される。

ファイルへのアクセスは、URL付きメールとは別にパスワードを記載したメールを別途送信し、パスワードは、ランダムや固定など選択できる。セキュリティ上、送信ができない拡張子を持つファイルや容量が大きいファイルの送付などにも活用できる。

(Security NEXT - 2008/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SAP、4月の月例アップデートを公開 - CVSS基本値「9.9」のRCE脆弱性も
クリップボードに挟んだ契約書類が強風で飛ばされ紛失 - 新潟県
同業者装いセキュ研究者に忍び寄るサイバー攻撃者 - 解析情報にワナも
新型コロナ患者の個人情報をファックスで誤送信 - 名古屋市
ウェブエンジニア向けにeラーニングサービス「KENRO」
スマホアプリ「ぐるなび」に脆弱性 - 任意サイトへの誘導に悪用されるおそれ
「Chrome 89.0.4389.128」で脆弱性2件を修正 - いずれもエクスプロイトの報告あり
カプコンへの不正アクセス、侵入経路は予備に残した以前のVPN機器
「Adobe Bridge」や「Photoshop」など複数Adobe製品に深刻な脆弱性
MS、月例セキュリティ更新で脆弱性108件に対応 - 一部でゼロデイ攻撃も