Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

健康保険料未納者の個人情報含むリストを紛失 - 横浜市泉区

横浜市泉区は、国民健康保険料の未納者36人分の個人情報が記載されたリストを、職員が訪問徴収中に紛失したと発表した。

所在が不明になっているのは、国民健康保険料の未納世帯一覧表から訪問先を抽出したリスト。36人分の氏名のほか、住所、電話番号、保険証番号、滞納額などが記載されているが、氏名以外は判明しにくいよう暗号化していたと同区では説明している。

2月25日、担当職員が訪問徴収のためリストを持って外出。2件目の訪問先へ向かう途中、リストの紛失に気付いた。リストはファイリングなど紛失対策が行ってなかったという。同区では、関係者に対し説明と謝罪を行う。

(Security NEXT - 2008/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カプコンへの不正アクセス、侵入経路は予備に残した以前のVPN機器
「Adobe Bridge」や「Photoshop」など複数Adobe製品に深刻な脆弱性
MS、月例セキュリティ更新で脆弱性108件に対応 - 一部でゼロデイ攻撃も
NEC製ルータ「Atermシリーズ」の複数製品に脆弱性
登録セキスペ講習、民間など23講習を追加
A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
3割がセキュ投資増額、56.3%で被害経験 - IDC調査
履歴書など会員の個人情報が流出、詳細は調査中 - 副業支援サイト
「Okta Access Gateway」にコマンドインジェクションの脆弱性