Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

土地所有者情報をATMに置き忘れて一時紛失 - 東京都

東京都は、南多摩東部建設事務所の職員が土地所有者の氏名が記載された書類を一時紛失していたことを明らかにした。書類はすべて回収しているという。

一時紛失したのは、都道区域変更書類や土地の交換申請書類などの道路事業関係資料。土地所有者の氏名のほか、地番、地目などが記載されていた。2月18日、同職員が退庁後に銀行へ寄った際、ATMに書類の入った封筒を置き忘れたもので、その後紛失に気がついたが、拾得者により持ち去られたあとだったという。

翌日19日に銀行へ書類が届けられたとの連絡があり、同職員によりすべての書類が揃っていることが確認された。都建設局では「建設局個人情報漏えい事故等対策本部」を設置して、再発防止策を検討する。

(Security NEXT - 2008/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
鹿児島銀のネットバンク装うフィッシング攻撃 - 乱数表も詐取
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
セキュリティリリース「PHP 7.4.18」「同7.3.28」が公開
金融機関向けASPサービスに不正アクセス - トレードワークス
「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ