Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 福岡市の小学校

福岡市教育委員会は、市立小学校の養護教諭が、生徒32人分の個人情報を保存したUSBメモリを紛失したと発表した。

所在が不明になっているメモリには、生徒32人分の健康に関するデータが保存されていた。2月2日、同教諭が研修会場へ向かう途中に紛失したとみられている。同教育委員会によれば、同メモリにはパスワードが設定されているという。

紛失判明後、警察へ紛失を届け、対象となる生徒の保護者を訪問して説明と謝罪を行った。同教育委員会では、市内の学校における機密文書管理簿の点検や暗号化の指導などを実施し、再発を防止するとしている。

(Security NEXT - 2008/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

岡三オンライン証券にPWリスト攻撃 - 資産売却や出金被害は未確認
顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
セキュリティ修正10件含む「Chrome 85.0.4183.121」がリリース
補助事業採択者向けのメールで送信ミス - 総務省
深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
「Firefox 81」が公開、複数脆弱性を修正 - 延長サポート版も更新
ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
顧客向けの謝罪メールで誤送信 - 英製ヘアブラシ公式サイト
顧客向けメールで送信ミス、メアド流出 - フィンテック事業者