Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ゲームサイトへの不正アクセス問題で補償方針 - C&Cメディア

シーアンドシーメディアは、同社ゲームサイトへ不正アクセスが発生し、個人情報が流出した問題で、被害者に対する補償の方針を明らかにした。

今回補償が実施されるのは、同社ゲームポータル「MK-STYLE」で配信する「パーフェクトワールド -完美世界-」。同社では、期間中に同ゲームへ会員登録していたユーザーに対し、全体補償としてポイントを配布。また有料アイテムやワールドチケット所持していた場合はワールドチケットで対応し、アイテムが盗難被害にあった場合は仮想通貨を補償するという。

同社では、申請された情報をもとにアクセスログをチェックし、対応を進める。5月31日まで受付を行うが、開始当初は混雑が予想され、返答までに1週間程度かかる場合があると同社ではアナウンスしている。

(Security NEXT - 2008/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、約8年ぶりにIT-BCPガイドラインを改訂 - 新型コロナ踏まえた内容も
MTAの「Exim」に21件の脆弱性 - 最新版へ更新を
2020年のネットバンク不正送金、被害額4割減 - 法人では増加
フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
2009年以降のDell製端末のドライバに脆弱性 - アップデートが順次公開、未提供の場合も削除を
VR空間プラットフォーム「Hubs Cloud」に認証情報流出のおそれ
政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
鹿児島銀のネットバンク装うフィッシング攻撃 - 乱数表も詐取
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象