Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、自動更新によるIE7の配布開始を発表 - 告知サイトも公開

マイクロソフトは、Windows XP SP2やWindows Server 2003 SP2を対象に、Internet Explorer7日本語版の自動更新機能による配布を、2月13日より開始する。

IE7では、フィッシングサイトや信頼性が低い証明書を利用したページを警告する「フィッシングフィルタ」機能など、セキュリティ機能があらたに追加された。また、1つのブラウザで複数サイトをタブ表示する「タブブラウジング機能」や、「RSSフィード」機能、ページ全体を拡大、縮小できる「ズーム機能」など、操作性を強化している。

これまでは、マイクロソフト ダウンロードセンターからの提供のみだったが、自動更新機能による配布のほか、Windows UpdateやMicrosoft Update、およびWindows Server Update Servicesからも提供される。また同社では、新機能を紹介する告知サイトを公開した。IE 6へのダウングレードについても説明している。

(Security NEXT - 2008/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティリリース「PHP 7.4.18」「同7.3.28」が公開
金融機関向けASPサービスに不正アクセス - トレードワークス
「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ
重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
日産証券のオンライン取引システムで障害 - ランサム感染か
QNAPのバックアップソリューション「HBS 3」に深刻な脆弱性
個情委、LINEへ委託先監督義務で行政指導 - 外国第三者提供については指導なし
総務省、LINEに行政指導 - 安全管理や利用者への説明不十分
2021年1Qの「JVN iPedia」登録は1701件 - 「XSS」が170件で最多