Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、自動更新によるIE7の配布開始を発表 - 告知サイトも公開

マイクロソフトは、Windows XP SP2やWindows Server 2003 SP2を対象に、Internet Explorer7日本語版の自動更新機能による配布を、2月13日より開始する。

IE7では、フィッシングサイトや信頼性が低い証明書を利用したページを警告する「フィッシングフィルタ」機能など、セキュリティ機能があらたに追加された。また、1つのブラウザで複数サイトをタブ表示する「タブブラウジング機能」や、「RSSフィード」機能、ページ全体を拡大、縮小できる「ズーム機能」など、操作性を強化している。

これまでは、マイクロソフト ダウンロードセンターからの提供のみだったが、自動更新機能による配布のほか、Windows UpdateやMicrosoft Update、およびWindows Server Update Servicesからも提供される。また同社では、新機能を紹介する告知サイトを公開した。IE 6へのダウングレードについても説明している。

(Security NEXT - 2008/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
顧客向けの謝罪メールで誤送信 - 英製ヘアブラシ公式サイト
顧客向けメールで送信ミス、メアド流出 - フィンテック事業者
教育センターで生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 新潟県
JPCERT/CC、インシデント報告などセキュリティ対策の協力者に感謝状
「パープルチーム」によるコンサルにも対応したペネトレサービス
「あなたもドコモ口座で被害」 - 警察装う詐欺電話に警戒を
「ドコモ口座」通じた不正出金、あらたに5件を確認
「Emotet」に感染、個人情報流出の可能性 - 群馬県社会福祉協議会
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏