Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、自動更新によるIE7の配布開始を発表 - 告知サイトも公開

マイクロソフトは、Windows XP SP2やWindows Server 2003 SP2を対象に、Internet Explorer7日本語版の自動更新機能による配布を、2月13日より開始する。

IE7では、フィッシングサイトや信頼性が低い証明書を利用したページを警告する「フィッシングフィルタ」機能など、セキュリティ機能があらたに追加された。また、1つのブラウザで複数サイトをタブ表示する「タブブラウジング機能」や、「RSSフィード」機能、ページ全体を拡大、縮小できる「ズーム機能」など、操作性を強化している。

これまでは、マイクロソフト ダウンロードセンターからの提供のみだったが、自動更新機能による配布のほか、Windows UpdateやMicrosoft Update、およびWindows Server Update Servicesからも提供される。また同社では、新機能を紹介する告知サイトを公開した。IE 6へのダウングレードについても説明している。

(Security NEXT - 2008/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Ubuntuに権限昇格の脆弱性 - 詳細情報も公開
会員管理システムにサイバー攻撃、情報流出の可能性 - 日本栄養士連盟
米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開
Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
職業訓練生が教室に置き去られた名簿をスマホ撮影 - 群馬県
公開資料の個人情報、墨塗りするもはずせる状態 - 琉球大
関連機関サイトに不正アクセス、CMSに不正プラグイン - 富山県立大
宣伝会議、不祥事ランキングを公表 - 求められる迅速な誠意ある対応