Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

利用者の個人情報含む書類が盗難に - ヒューマンリソシア運営の介護施設

ヒューマンホールディングスの関連会社であるヒューマンリソシアの介護施設「くいせ乃湯」において金庫の盗難が発生し、施設利用者192人分の個人情報含む書類が盗まれたことがわかった。書類には、口座番号も含まれているという。

ヒューマンホールディングスによれば、被害に遭った書類には、施設利用者192人の氏名、住所、電話番号、口座番号、銀行および支店名、口座名義人などの個人情報が記載されていたという。1月24日朝、職員が出勤した際、事務所の鍵が壊され内部が荒らされ、金庫が盗まれているのを発見し、警察へ届け出た。

同社では、関連する利用者に対し個別に連絡して説明と謝罪を実施し、二次被害が発生するおそれもあるとして注意を呼びかけている。また、施設内の防犯設備を改善してセキュリティを強化するとともに、書類の保管ルールを見直すとしている。

(Security NEXT - 2008/02/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

鹿児島銀のネットバンク装うフィッシング攻撃 - 乱数表も詐取
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
セキュリティリリース「PHP 7.4.18」「同7.3.28」が公開
金融機関向けASPサービスに不正アクセス - トレードワークス
「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ
重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC