Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

組織内の違法コピー通報が過去最多 - BSAがライセンス管理の啓発に注力

ビジネスソフトウェアアライアンス(BSA)は、2008年の活動方針を発表した。企業のソフトウェアライセンス管理に対する支援やオークションの海賊版対策に力を入れるという。

BSAでは、2008年の活動について「IT競争力による日本のイノベーションとさらなる成長に貢献」「オークションにおける消費者保護を強化」「企業、自治体に向けたソフトウェア資産管理支援」を柱として展開する。

なかでも企業をはじめとする組織内での違法コピーについては、BSAへ多数の情報提供が寄せられており、2007年は506件と過去最多を記録。

BSAではライセンス管理を車にたとえ、「ライセンスの有無を把握しないのは、何の計器類もない車を運転するようなもの」として、注意を呼びかけ、従来ソフトウェア資産の管理について大学などへ支援を行ってきたが、対象を一般企業と自治体にまで拡大し、ノウハウの提供なども含めた啓発活動を展開する。

また違法コピー対策としてオークションサイト向け対策を強化。オークションサイトにおける模倣品や海賊版販売の手口が巧妙化しており、違法品取引被害から消費者の保護するための活動に力を入れるという。

ビジネスソフトウェアアライアンス
http://www.bsa.or.jp/

(Security NEXT - 2008/02/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
最新脅威やコロナ時代のセキュ課題など50以上のセッション - パロアルトがカンファレンスイベント
ソースコードに利用者のメールアドレス - ウェブ本棚サービス
「ドコモ口座」の一部利用者に対して本人確認実施 - NTTドコモ
無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社