Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロがLinux向けウイルス対策ソフトの最新版 - VMwareを正式サポート

トレンドマイクロは、Linuxサーバ向けウイルス対策ソフトの最新版「ServerProtect for Linux 3.0」を、1月29日より発売する。

同製品は、Linuxサーバやサーバ上のファイルを、ウイルスなどセキュリティ脅威から防御するウイルス対策製品。今回発売される最新版では、スパイウェア対策機能が追加されたほか、VMwareによる仮想化環境における正式サポートを開始した。

また、一部の主要モジュールのソースコード公開を開始。これに伴い、最新のカーネルでリアルタイムのウイルス検索を可能にする「カーネルフックモジュール」のソースコードを一般公開した。これにより、ユーザーが独自にモジュールを作成できるため、同社からのモジュール提供を待たずに最新のカーネルに対するウイルス対策が可能となる。

また最新版では、「Red Hat Enterprise Linux5.0」や「SuSE Linux Enterprise 10」などの最新ディストリビューションに対応するほか、NECのフォールトトレラントサーバ「Express5800/ft」のサポートも開始する。

(Security NEXT - 2008/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「vBulletin」の脆弱性狙う攻撃、8月から断続的に発生
IoT検索エンジン「Karma」にリスクの可視化機能
不正プロダクトキー販売、不正競争防止法違反で送検
サプライチェーンのセキュ対策評価サービスを提供 - ラックら
問合メールが流出、製品開発の委託先で - クオリティア
「マンション・ラボ」に不正アクセス - 記事ページが改ざん被害
高等専門学校向けのセキュリティコンテストを11月に開催
東証障害、売買停止後も内部で約定発生 - マニュアル誤記載も
信用保証情報を含むファイルを誤送信 - 長崎県信用保証協会
「Emotet」に感染、送受信メールが流出した可能性 - 京セラ