Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エムオーテックス、内部統制や漏洩対策機能を強化した「LanScope Cat6」を発売

エムオーテックスは、内部統制に対応するレポート機能や、漏洩対策機能を強化したセキュリティソリューションの最新版「LanScope Cat6」を発売した。

同製品は、PC資産管理をはじめ、デバイス制御や操作ログ管理、サーバ監視、不正接続パソコン検知などを搭載したセキュリティソリューション。最新版では、ブログや掲示板への投稿やブラウザによるファイルアップロードのログを取得するなど、情報漏洩対策機能を強化した。

さらに、アプリケーションのIDやパスワード、権限変更といった操作をログへ記録できる。作成されたレポートは、監査報告書としてそのまま利用できる。また最新版では、データベースにOracleを採用している。

(Security NEXT - 2008/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「企業のプライバシーガバナンスガイドブック」が改定 - 事例を追加
物件情報メールを誤送信、メアド流出 - 山形大生協
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
ゲーム事業者への攻撃が増加 - ただしDDoS攻撃は減少
2021年2Qの脆弱性届出は307件 - ソフトウェアとサイトともに増加
「最終警告」などと不安を煽る楽天カードのフィッシングに注意
MITRE、危険な脆弱性タイプのトップ25を発表
サイト改ざんでフィッシングページ設置 - 日本信号子会社
セミナー案内メールを2度にわたり誤送信 - 東京都
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 木工用工具通販サイト