Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

茨城銀行で信用情報2575件の誤登録が判明 - 554件で不利益発生のおそれ

金融機関が信用情報を共有している全国銀行個人信用情報センターに対し、茨城銀行が一部誤った情報を登録していたことがわかった。

同行が、内部調査を実施したところ明らかになったもので、プログラムの不具合をはじめ、登録ミス2575件が判明した。

プログラムの問題により誤って登録していたケースは965件で、319件については融資などに影響がでるなど、利用者に不利益が発生したおそれがある。請求がないにもかかわらず入金されていないと登録したケースが821件にのぼり、返済したにもかかわらず反映されていなかったケースも139件あった。

またプログラムの不具合以外の登録ミスについては、完済した情報が登録されていなかったり、不正確な情報が登録されていたケースなど1610件が判明。そのうち225件について不利益が発生したおそれがあった。

同行では、誤ったデータについてはすでに修正を行っており、正しい情報が登録されていると説明。また同行において誤登録データを理由に融資を断ったり、苦情が寄せられたケースはなかったという。

2006年10月に全国銀行個人信用情報センターにおいて、システムの変更が実施されており、その際にプログラムの不具合により多数金融機関で登録ミスの問題が発生。同センターでは、2007年1月に金融機関に対して同様の問題が発生していないか調査を要請。同行では登録されているすべてのデータついて調査を行っていた。

茨城銀行
http://www.ibagin.co.jp/

(Security NEXT - 2008/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Emotet」に感染、送受信メールが流出した可能性 - 京セラ
顧客情報含む書類が車上荒らし被害に - 中部電力関係会社
今度は「特別定額給付金」の「再給付」で誘惑 - 詐欺メールに注意
地方で「SECURITY ACTION制度」の紹介セミナー開催 - ライブ配信も
SonicWall製品のVPNに深刻な脆弱性 - 約80万台に影響か
「VMware Horizon」のクライアントにサービス拒否の脆弱性
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
専門学校生対象のコンテスト - テーマは「サイト運営会社向けセキュリティ教育」
「ドコモ口座」の不正チャージ、被害124件の補償を完了
個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - 堺市