Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Flash Player」のセキュリティ機能に脆弱性 - アップデートが公開

動画再生プラグイン「Flash Player」に脆弱性があることが明らかになった。Adobe Systemsは、アップデートの提供を開始している。

Flash Playerでは、アプリケーションをロードしたドメイン以外のデータへアクセスする際、セキュリティを確保するため、アプリケーションがあるサーバのルート上に配置した「クロスドメインポリシーファイル」を参照する必要がある。

しかしながら、JVNによれば同ファイルの処理に脆弱性があり、不正に細工されたウェブページをクロスドメインポリシーファイルとして認識し、予期せぬデータへのアクセスが発生する可能性があるという。

影響を受けるバージョンは、「Flash Player 7.0.70.0」「同8.0.35.0」「同9.0.48.0」で、いずれも以前のバージョンも含まれる。バージョン8、9については最新版の配布が行われており、7については修正するパッチが提供されるが、今回のアップーデートを最後にサポートが終了になるので注意が必要。

Adobe Systems
http://www.adobe.com/

Flash Player update available to address security vulnerabilities
http://www.adobe.com/support/security/bulletins/apsb07-20.html

(Security NEXT - 2007/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache DolphinScheduler」にコードインジェクションの脆弱性
10月は9月同様の大規模DDoS攻撃は観測されず - IIJ調査
ゼロデイ脆弱性に対処した「Microsoft Edge」がリリース
Go向けSAMLライブラリに深刻な脆弱性 - アップデートが公開
修学旅行のテーマパーク内で県立高の生徒情報を紛失 - 埼玉県
市主催イベントの申込者宛メールで誤送信 - 三原市
「VMware Tools for Windows」に脆弱性 - 重要度は「低」
「偽OCN」の請求メールに注意 - 目立つISP装うフィッシング
他人のクレカ情報で商品購入 - 井原市職員を逮捕
サーバにサイバー攻撃 - 山形県の農業機器メーカー