Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パスワード忘れも「QRコード」と「携帯電話」で大丈夫 - NTTアイティが新製品

NTTアイティは、QRコードと暗号化技術を応用したパスワード管理ソリューション「HaruPa」を発売開始した。

同ソリューションは、パスワードを自動生成して暗号化し、QRコードに変換して管理するもので、パスワードの生成とQRコードを印刷する「HaruPa生成ソフト」と、印刷されたQRコードを読み取ってパスワードを表示する携帯電話用「HaruPa読取ソフト」で構成されている。

QRコードとして印刷しておき、パスワード入力が必要な時に携帯電話で復号化するため、パスワードを覚えておく必要がない。QRコードは利用者ごとに異なる暗号鍵が使用され、ほかの利用者にパスワードを読み取られることはないという。

読取ソフトの対応機種は、NTTドコモのQRコード読み取り可能なカメラを内蔵しているFOMA 90Xiおよび70Xiシリーズ。価格は、企業向けの「HaruPa for オフィス」が1ライセンス2万790円。一部機能に制限がある家庭向けの「HaruPa for リビング」が1ライセンス3654円。

(Security NEXT - 2007/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ修正10件含む「Chrome 85.0.4183.121」がリリース
ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
顧客向けの謝罪メールで誤送信 - 英製ヘアブラシ公式サイト
顧客向けメールで送信ミス、メアド流出 - フィンテック事業者
教育センターで生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 新潟県
JPCERT/CC、インシデント報告などセキュリティ対策の協力者に感謝状
「パープルチーム」によるコンサルにも対応したペネトレサービス
「あなたもドコモ口座で被害」 - 警察装う詐欺電話に警戒を
「ドコモ口座」通じた不正出金、あらたに5件を確認
「Emotet」に感染、個人情報流出の可能性 - 群馬県社会福祉協議会