Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

慶大医学部で患者情報含むPCが盗難 - 熊大付属病院の患者情報も

慶応義塾大学で12月2日に盗難事件が発生し、同大学病院や熊本大学医学部付属病院の患者情報が保存されたパソコンを何者かに持ち去られたことがわかった。

同大学の医学部研究室から、パソコン16台やハードディスクなどが盗まれたもので、そのうち1台のパソコンには同大学病院の患者152人分の氏名を含む個人情報が記録されていた。

また盗まれたパソコンには、熊本大学大学院医学教育部の学生が所有するパソコンや外付けハードディスクが含まれており、在籍していた熊本大学医学部付属病院の入院患者68人分の診療情報が記録されていたという。

それぞれの大学では、関連する患者に対し説明や謝罪を行っている。慶応義塾大学では、今回の事件を受け、防犯カメラの増設や巡回の強化、施錠の徹底など盗難防止策を強化する。

(Security NEXT - 2007/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

総務省、ネットトラブルの事例集に誹謗中傷に関するトピック追加
児童提出物を不適切に廃棄した小学校教諭など処分 - 新潟県
深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
ゆうちょ銀「mijicaカード」で約332万円の不正送金被害 - 54人から不正カードに
個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - つくば市
「Emotet」に感染、なりすましメールが送信 - マルハニチロ
JR九州の会員サイトにPWリスト攻撃 - ポイント交換被害も
【不正チャージ問題】金融機関口座の取引履歴、「合算」表示に注意を
「ドコモ口座」経由の不正チャージ、172件2776万円に
岡三オンライン証券にPWリスト攻撃 - 資産売却や出金被害は未確認