Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブ閲覧時のウイルス感染を防止するベータ版サービスがスタート - HDE

HDEは、ウェブアクセス時におけるウイルス感染を防御する「HDEセキュアアクセスASPサービス」のベータ版を、100社限定で無償提供する。

同サービスは、アクセス時のHTTP通信をスキャンして、ウイルスやワームが見つかった場合には駆除を行う法人向けASPサービス。F-Secureのウイルススキャンエンジンを採用しており、ASPサービスのため、ハードウェアなどを用意する必要もない。

ウイルス検査機能のほか、アクセスログ取得やユーザー管理機能を提供するほか、ドメイン名を指定してアクセスを制限することもできる。同社では、ベータ版利用企業のフィードバックを参考にサービスレベルの向上を図り、2008年6月をめどに有償サービスとして提供を開始する予定。

(Security NEXT - 2007/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

栄養士採用試験の全申込者受験票を1人に誤交付 - 大阪市
取引先の担当者情報含むファイルを誤送信 - リクルート
庁内資料を持ち出して店舗で誤廃棄、職員を処分 - 川崎市
LEDライト通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
教員アカウントに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 創価大
Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
「BIGLOBE」に見せかけ、請求メールに見せかけたフィッシング攻撃
受託事業者がメール誤送信、児童支援事業登録者のメアド流出 - 大阪府
支店で本人確認書類が所在不明に - 北海道労金
ID管理製品「Atlassian Crowd」に深刻な脆弱性