Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

データの閲覧を制限する情報漏洩対策製品にログ機能を追加 - NECソフトら

NECソフトと野村総合研究所は、コンテンツの二次利用を防止し、情報漏洩を防止するセキュリティソリューション「Webコンテンツプロテクター AE Ver.4.0」と「Webブラウザプロテクター AE Ver. 4.0」を、2008年1月より発売する。

両製品は、ネットワーク経由で配布されるデータの二次利用を制限し、情報漏洩を防止するセキュリティソリューション。「Webコンテンツプロテクター」では、OfficeファイルやPDFファイル、「Webブラウザプロテクター」は、HTML、JPEG、GIFなどウェブコンテンツの二次利用を制御する。

いずれもダウンロードしたパソコン以外では閲覧できず、印刷やコピー、画面キャプチャなどの操作を制限できる。また、閲覧回数や閲覧時間なども制限でき、オフラインでも制御できる。

最新版では、ログ管理機能を追加。保護ファイルの閲覧、印刷、キャプチャなどの操作ログを取得し、サーバ上で集中管理する。これにより、万が一流出が発生した場合に事故調査や証跡などとして利用できる。

(Security NEXT - 2007/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

通知メール誤送信で介護保険事業者のメアド流出 - 津市
新型コロナ対策のウェブアンケートが閲覧可能に - 婦人靴メーカー
「とうきょう認知症ナビ」に医師の自宅住所など誤掲載
大手でCEO直属のCISOが増加 - 米国では4割超に
QNAP Systemsの「Multimedia Console」に脆弱性
eKYC時の顔データを用いて本人認証する新サービス - Liquid
米Transmit SecurityのPWレス認証製品を国内展開 - ラック
経済同友会、複数端末に不正アクセス - サーバのアラート契機に発覚
ダークネット宛てのパケット数が増加傾向 - クルウィットら調査
初期侵入「総当たり攻撃」と「脆弱性攻撃」で6割超 - カスペ調査