Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

データの閲覧を制限する情報漏洩対策製品にログ機能を追加 - NECソフトら

NECソフトと野村総合研究所は、コンテンツの二次利用を防止し、情報漏洩を防止するセキュリティソリューション「Webコンテンツプロテクター AE Ver.4.0」と「Webブラウザプロテクター AE Ver. 4.0」を、2008年1月より発売する。

両製品は、ネットワーク経由で配布されるデータの二次利用を制限し、情報漏洩を防止するセキュリティソリューション。「Webコンテンツプロテクター」では、OfficeファイルやPDFファイル、「Webブラウザプロテクター」は、HTML、JPEG、GIFなどウェブコンテンツの二次利用を制御する。

いずれもダウンロードしたパソコン以外では閲覧できず、印刷やコピー、画面キャプチャなどの操作を制限できる。また、閲覧回数や閲覧時間なども制限でき、オフラインでも制御できる。

最新版では、ログ管理機能を追加。保護ファイルの閲覧、印刷、キャプチャなどの操作ログを取得し、サーバ上で集中管理する。これにより、万が一流出が発生した場合に事故調査や証跡などとして利用できる。

(Security NEXT - 2007/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

6月のフィッシングサイト、過去最多を大幅更新 - 同一IPアドレス上で多数稼働
フィッシングURLが約1.7倍、過去最多更新 - 同一IPアドレス上に大量の偽サイト
4割弱の中小企業、改正個情法の内容「知らない」 - 4社に3社は漏洩報告義務把握せず
国内外データ保護規制に対応する実務者向けの資格認定制度を開始 - 日本DPO協会
サイバー攻撃で複数システムが停止、バックアップで復旧- 岐阜の病院
セキュリティ診断サービスでレッドチーム演習を提供 - GMO-CS
ボランティア宛のメールで送信ミス - 大阪歴史博物館
「Chrome」に緊急アップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
「読売新聞オンライン」に不正アクセス - 同社経由のアカウント情報流出は否定
サイバー攻撃で注文情報が消失や流出の可能性 - キンコーズ