Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パソコン関連製品小売店の顧客情報がネット上へ流出

パソコン工房やTWOTOP、FAITHなどパソコン関連製品の小売店を展開するアロシステムと子会社のエムヴィケーは、顧客の個人情報がインターネット上へ流出したと発表した。

流出が確認されたのは、2003年6月から2005年4月にかけて両社を利用した顧客の情報を記録したデータ。ファイル交換ソフトを通じて流出したもので、氏名や住所、電話番号、ファックス番号、メールアドレス、会社名など個人情報が含まれる。以前同社が、コールセンター業務を委託していた事業者の元従業員から流出した可能性が高いという。

同社では、9月12日に流出を確認し、現在も調査を進めている。不正に利用されたといった報告はないという。同社では関連する顧客に対して、謝罪のメールを送付。今後は、流出した経緯や流出経路が判明次第、流出内容の詳細や今後の対応について公表する予定。

(Security NEXT - 2007/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Docker API」狙う攻撃に注意 - 9月ごろより増加
非公開情報をメールに添付して誤送信 - 総務省
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
前月比1.5倍のDDoS攻撃を観測 - IIJ
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
デバイス紛失にサポートする「ビジネス端末レスキュー」 - NTTドコモ
名刺交換機能に不具合、名刺情報が流出 - 東京ビッグサイト
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を