Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

動画共有サイトへ流出した違法コンテンツの対策支援サービス - バリューミックス

バリューミックスは、YouTubeなどの動画共有サイト上に流出した違法なコンテンツを、目視により検索、確認する「違法コンテンツ対策支援サービス」を、10月1日より提供開始する。

同サービスは、YouTubeをはじめさまざまな動画共有サイトを検索し、著作権を侵害する違法な映像コンテンツを確認するもの。同社独自のコンテンツキーワードデータベースを使用し、機械による検索だけでなく、目視による監視を行って違法コンテンツを捜索する。

違法コンテンツの発見件数により費用が変動する成果主義を採用。料金設定はデポジット制をとっているため、予算の上限額を設定できる。また、訴訟などに備えた証拠保全にも対応する。

バリューミックス
http://valuemix.jp/

(Security NEXT - 2007/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
建築家向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
「ウイルスバスター for Mac」旧版に複数脆弱性
メルマガシステムに不正アクセス、顧客情報が流出 - 福岡のカレー店
Google、「Chrome 87」で33件のセキュリティに関する修正を実施
新型コロナ陽性者2515人の関連情報を誤掲載 - 川崎市
Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応
「LINEスタンプ」クリエイターの個人情報が流出 - 設定ミスで
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加