Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

輸送中に個人情報含む内部資料が所在不明に - 日本興亜損保

日本興亜損害保険は、8月20日に個人情報が記載された社内資料が輸送中に所在不明になったと発表した。

所在がわからなくなっているのは、東京都東久留米市内の同社事務センターから静岡県内の損害サービスセンターへ送付した保険金支払い関係する内部資料。配送を委託している福山通運が紛失した。

資料には、氏名や証券番号、保険始期、事故日、支払金額など、816人分の個人情報が含まれていた。不正利用などの報告は受けていないという。同社では、関係する顧客に対して事情を説明し、謝罪を行う。

日本興亜損害保険
http://www.nipponkoa.co.jp/

(Security NEXT - 2007/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「サイバー防衛シンポ熱海2020」が開催 - チケット販売まもなく終了
委託先でランサム感染、市営住宅入居者情報が流出か - 旭川市
準備中だった「FileZen」のセキュリティアップデートがリリース
米政府、「Exchange Server」の脆弱性対応で緊急指令
航空会社向け顧客管理システムに不正アクセス - JALやANAにも影響
入試関連の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 立教大
「Exchange Server」への攻撃が拡大 - MSが侵害確認スクリプトを公開
「Exchange Server」へのゼロデイ攻撃、中国支援グループが関与か
ゴミ分別案内のチャットボット改ざん、不正サイトへ誘導 - 横浜市
小学校で児童の学齢簿などが所在不明 - 名古屋市