Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5168番ポートのスキャンが増加 - 脆弱性狙った攻撃か

JPCERTコーディネーションセンターは、5168番ポートへのスキャンが8月22日から増加しているとして注意を喚起している。

同センターのインターネット定点観測システム「ISDAS」が検知したもの。アクセス増加の詳しい原因は不明だが、同センターでは、直前に判明したトレンドマイクロのServerProtectにおける脆弱性を狙った可能性があると分析している。

同センターでは、ポートを閉じたり、同ソフトを利用している場合はパッチを適用するなど対策を講じるよう注意を促している。

JPCERTコーディネーションセンター
http://www.jpcert.or.jp/

関連記事:ServerProtectに脆弱性、トレンドマイクロがセキュリティパッチを公開
http://www.security-next.com/006619.html

(Security NEXT - 2007/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 佐賀県
クラウド設定不備で個人情報に外部アクセス - イオン銀
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
複数病院の患者情報含むPCを紛失 - 千葉県
小売電気事業者向けにセキュ対策ガイドライン - 経産省
不正アクセスでデータ消去されるも情報流出の痕跡見つからず - 阪大
学内宿泊施設予約システムに不正アクセス、利用者情報が流出か - 阪大
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
複数ペットフード販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
秘密計算技術で研究会、安全性基準など検討 - NECら