Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT西日本、公衆電話の管理委託先のデータを紛失

NTT西日本は、公衆電話の管理データを記録したフロッピーディスクを委託先の関連会社が紛失したと発表した。ディスクには、岡山および鳥取両県で公衆電話の管理を委託している個人や法人など2568件の関係者に関する情報が含まれている。

所在が不明となっているのは、NTT西日本岡山支店と鳥取支店がNTT西日本-東中国に管理を委託していたデータを保存したフロッピーディスク。ディスクの移送中に紛失したとみられている。

記録されていたデータは、岡山および鳥取両県内の公衆電話番号、設置場所の住所をはじめ、公衆電話の設置場所の提供や管理を行う取引先の氏名と連絡先電話番号で、岡山県内の個人702件および法人1463件、鳥取県内の個人116件、法人287件が含まれる。

同ディスクには、暗号化やパスワードなどのセキュリティ措置が講じられていたとNTT西では説明しており、警察に紛失届を提出した上で、関連する受託者に対し書面などで説明と謝罪をするとしている。

(Security NEXT - 2007/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「オムニEC」への不正アクセスで情報流出の可能性 - ホームセンター通販サイト
ドレス通販サイトに不正アクセス - クレカやログイン情報流出の可能性
識別子などユーザー関連情報がGitHub経由で流出 - LINE Pay
ZohoのUEM製品に深刻な脆弱性、すでに悪用も - 侵害状況の確認を
4割強「コロナ禍でネットのトラブル増えた」
スイーツ通販サイトに不正アクセス、ゼロデイ脆弱性の発見から被害に気づく
ウェブサーバに脆弱性を突く不正アクセス - ロイヤルホームセンター
事件関係者の提出文書を紛失、審査に影響なし - 公取委
委託元に無関係の顧客情報を誤送信、非表示状態でファイル内に - 三菱UFJニコス
「Zoho ManageEngine ServiceDesk Plus」にあらたな脆弱性が判明