Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイル交換ソフト経由や紛失など教育関係者による個人流出が発生

ファイル交換ソフト経由の情報流出や名簿の紛失など、教育関係者による個人情報に関連した事故が立て続けに判明している。

茨城県古河市では、同市立古河第2中学校や市立古河第6小学校の児童や生徒など個人情報約2000人分がファイル交換ソフト経由で流出したことがわかった。教師が持ち帰った名簿などが流出したもので、成績なども含まれていた。

また鹿児島市の志学館中等部・高等部において合否などを含む入試関連情報や在校生約700人分の保護者に関する個人情報がインターネット上に流出したことが判明。職員宅のパソコンにインストールされていたファイル交換ソフトを通じてデータが流出したと見られている。

一方埼玉県朝霞市においては、朝霞第8小学校で6月に学校内の児童名簿が所在不明となる事故が発生。氏名や住所、保護者などの個人情報約900件が含まれていたという。

(Security NEXT - 2007/07/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

再委託先でメール誤送信、CCに無関係のメアド - 東京都
同意得てない個人情報を別団体へ誤提供 - 奈良県市町村職員共済組合
小学校で個人情報含む郵便物の不着騒ぎ、開封形跡なし - 新潟県
欧米当局、ランサム「Hive」を解体 - 捜査官が攻撃インフラに侵入
12月のDDoS攻撃件数は増加、最大規模も拡大 - IIJ調査
「JNSA賞」2名が受賞 - 3団体に特別賞
脆弱性DB「JVN iPedia」の4Q登録数 - 前四半期から減少
住基ネットの個人情報漏洩で職員を懲戒免職 - 杉並区
案内メールを「CC」送信、メアド流出 - 福島市スポーツ振興公社
調査受注者が貸与された個人情報含む資料を紛失 - 国交省