Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ベリサインの「マネージドPKIサービス」を「パソコンバンクWeb21」が採用

日本ベリサインは、携帯電話向けの認証局構築サービス「ベリサイン マネージドPKI for Mobile」が、三井住友銀行とNTTドコモのモバイルバンキングサービス「パソコンバンクWeb21モバイルサービス」に採用されたと発表した。

同サービスは、企業向け認証局構築サービス「ベリサイン マネージドPKIサービス」の携帯電話向けオプションとして提供されるもの。電子証明書を発行するための認証局を構築し、企業に代わって証明書を発行する。モバイルバンキングサービスへの提供は、国内で初めてだという。

今回採用されたのは、三井住友銀行とNTTドコモが開始する法人向けモバイルバンキングサービス「パソコンバンクWeb21モバイルサービス」。各企業が発行するクライアント証明書をダウンロードしてPKIによる電子認証を実現する「FirstPassオリジナル証明書機能」が活用されている。

(Security NEXT - 2007/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

課内メール連絡の宛先に部外者複数メアド誤追加 - 香川県
婚活イベント申込者のメアドが流出、誤送信で - 山口県
「FireEye」「McAfee Enterprise」統合後の新会社は「Trellix」
Check Pointのエンドポイントソフトに権限昇格のおそれ
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性
「個人情報保護ガイドライン」のパブコメ結果で個人情報が流出
「VMware Workstation」「VMware Horizon Client」にサービス拒否の脆弱性
UTMにオンサイト対応を付帯した中小企業向けサービス - CSP
オーガニック食品の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
パーソナルデータ、4割弱が利用目的に関わらず「提供したくない」