Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ベリサインの「マネージドPKIサービス」を「パソコンバンクWeb21」が採用

日本ベリサインは、携帯電話向けの認証局構築サービス「ベリサイン マネージドPKI for Mobile」が、三井住友銀行とNTTドコモのモバイルバンキングサービス「パソコンバンクWeb21モバイルサービス」に採用されたと発表した。

同サービスは、企業向け認証局構築サービス「ベリサイン マネージドPKIサービス」の携帯電話向けオプションとして提供されるもの。電子証明書を発行するための認証局を構築し、企業に代わって証明書を発行する。モバイルバンキングサービスへの提供は、国内で初めてだという。

今回採用されたのは、三井住友銀行とNTTドコモが開始する法人向けモバイルバンキングサービス「パソコンバンクWeb21モバイルサービス」。各企業が発行するクライアント証明書をダウンロードしてPKIによる電子認証を実現する「FirstPassオリジナル証明書機能」が活用されている。

(Security NEXT - 2007/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

住基ネットの個人情報漏洩で職員を懲戒免職 - 杉並区
案内メールを「CC」送信、メアド流出 - 福島市スポーツ振興公社
調査受注者が貸与された個人情報含む資料を紛失 - 国交省
情セ大、「情報セキュリティ文化賞」の受賞者4名を発表
尼崎市、スマホ紛失の虚偽報告で懲戒処分 - 「USB紛失事案が頭をよぎり」
コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性
macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
委託先にサイバー攻撃、顧客などへ脅迫メール届く - 北関東マツダ
様式と誤って個人情報含むファイルをメール送信 - 嘉手納町
調達業務の見積依頼で、受信者間にメアド流出 - 日本国際協力システム