Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

再春館製薬所のウェブサイトが全面再開 - 不正アクセス被害から3カ月弱

再春館製薬所は、不正アクセスを受け、5月1日よりウェブサイトの一部メニューを停止していたが、7月23日より全面的に再開したと発表した。

問題となった事件は、同社が4月30日から5月1日にかけて外部より不正アクセスを受け、メールアドレス約11万人分をはじめ、合計約14万件の顧客情報が流出したもの。同社では不正アクセスに気が付いた同日中にウェブサイトを閉鎖、事故対応など進めていた。

システムやネットワークの安全性に関する検査を5月末までに終了したとして、同社では6月6日より一部サービスを再開。さらに7月に一部停止していたページを再開するなど順次対応を進めてきたが、23日に停止していたすべてのメニューを提供開始し、全面再開となった。

(Security NEXT - 2007/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中学校で家庭環境票が所在不明 - 府中町
DRM実装の動画配信プラットフォームを提供 - エイガ・ドット・コム
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
新型コロナ宿泊療養者の個人情報を誤送信 - 山口県
顔認証サービスのパートナープログラムを提供 - パナソニック
ソリトン製ファイル転送アプライアンスに脆弱性 - 早急に対応を
標的型攻撃のレスキュー支援、2020年上半期は45件