Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

横浜市、温暖化対策課で業務用HDDを紛失 - 個人情報約7500件含まれる

横浜市は、環境創造局温暖化対策課において、住民の個人情報約7500件を含む業務情報が保存されたハードディスクを紛失したと発表した。同市では盗難の可能性もあるとして、警察へ被害届を提出する。

所在が不明となっているハードディスクは、ネットワークに接続してデータバックアップ用に利用していたもので、同課の業務全般に関するデータが保存されていた。同市住民の個人情報約7500件も含まれており、氏名、住所、電話番号、メールアドレス、年齢のほか、口座番号や取得資格、住宅用太陽光発電システムへの補助金額などが含まれる。

6月22日に確認されたのが最後で、その後7月5日に担当者が紛失に気付いた。しかし別の担当者が休暇中だったためそのまま捜索せず、10日になって紛失を確認したという。同HDDは、鍵付きのキャビネットに保管するなど盗難対策は講じられていなかった。

同市では関係者に対し、電話または文書で説明と謝罪をする。また盗難の可能性も考えられることから、被害届を提出するとしている。今後は盗難防止対策を徹底するとしている。

(Security NEXT - 2007/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
政府、脱「暗号化zipファイル」検討へ - 意見募集で最多支持
「JSAC 2021」はオンライン開催に - 参加登録の受付を開始
教諭が入試応募者データを紛失、無断で設定変更して複製 - 東京都
メール送信ミスで顧客メアド流出 - フード関連サービス事業者
「税金還付を受ける権利があります」 - 偽国税庁に注意
独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便