Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

横浜市、温暖化対策課で業務用HDDを紛失 - 個人情報約7500件含まれる

横浜市は、環境創造局温暖化対策課において、住民の個人情報約7500件を含む業務情報が保存されたハードディスクを紛失したと発表した。同市では盗難の可能性もあるとして、警察へ被害届を提出する。

所在が不明となっているハードディスクは、ネットワークに接続してデータバックアップ用に利用していたもので、同課の業務全般に関するデータが保存されていた。同市住民の個人情報約7500件も含まれており、氏名、住所、電話番号、メールアドレス、年齢のほか、口座番号や取得資格、住宅用太陽光発電システムへの補助金額などが含まれる。

6月22日に確認されたのが最後で、その後7月5日に担当者が紛失に気付いた。しかし別の担当者が休暇中だったためそのまま捜索せず、10日になって紛失を確認したという。同HDDは、鍵付きのキャビネットに保管するなど盗難対策は講じられていなかった。

同市では関係者に対し、電話または文書で説明と謝罪をする。また盗難の可能性も考えられることから、被害届を提出するとしている。今後は盗難防止対策を徹底するとしている。

(Security NEXT - 2007/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職業訓練生が教室に置き去られた名簿をスマホ撮影 - 群馬県
公開資料の個人情報、墨塗りするもはずせる状態 - 琉球大
関連機関サイトに不正アクセス、CMSに不正プラグイン - 富山県立大
宣伝会議、不祥事ランキングを公表 - 求められる迅速な誠意ある対応
ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC
WP向けプラグイン「WP User Frontend」に深刻な脆弱性 - PoC公開済み
共同利用対象外の個人情報をグループDBに誤送信 - JFRカード
中学校教諭が車上荒らし被害、個人情報が盗難 - 習志野市
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
「Apache DolphinScheduler」にコードインジェクションの脆弱性