Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

信書事業分野の個人情報保護ガイドラインを検討 - 総務省

総務省が設置した信書便事業分野における個人情報保護に関する研究会は、信書事業分野の個人情報保護ガイドラインについて報告書をまとめた。総務省は、報告をもとにガイドラインの検討を進める。

総務省では、「信書便事業分野における個人情報保護に関する研究会」を2006年12月から開催。同研究会では、信書の特徴を踏まえた上で、同分野における個人情報の取り組み状況や諸外国の状況をまとめた上でガイドラインのあり方を検討していた。

ガイドラインでは、より具体的な解釈や運用などを規定する予定で、貨物運送などの兼業として特定信書便事業を展開する事業者が増えていることから、法律で対象とならない小規模事業者についても遵守を求めていくほか、業務の再委託が認められていないことを明示など行う。

また郵政民営化後の郵便事業の動向や、信書便法や国土交通省のガイドラインとの整合性といった面からも配慮した。

(Security NEXT - 2007/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

案内メールに他顧客の情報、リスト作成時にミス - モリサワ
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
新潟ご当地グルメの通販ショップに不正アクセス
4郵便局で顧客情報含む書類の紛失が判明 - 日本郵便
カラオケアプリ開発元に不正アクセス - 会員個人情報が流出
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も
エプソン製品のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
建築家向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性