Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

信書事業分野の個人情報保護ガイドラインを検討 - 総務省

総務省が設置した信書便事業分野における個人情報保護に関する研究会は、信書事業分野の個人情報保護ガイドラインについて報告書をまとめた。総務省は、報告をもとにガイドラインの検討を進める。

総務省では、「信書便事業分野における個人情報保護に関する研究会」を2006年12月から開催。同研究会では、信書の特徴を踏まえた上で、同分野における個人情報の取り組み状況や諸外国の状況をまとめた上でガイドラインのあり方を検討していた。

ガイドラインでは、より具体的な解釈や運用などを規定する予定で、貨物運送などの兼業として特定信書便事業を展開する事業者が増えていることから、法律で対象とならない小規模事業者についても遵守を求めていくほか、業務の再委託が認められていないことを明示など行う。

また郵政民営化後の郵便事業の動向や、信書便法や国土交通省のガイドラインとの整合性といった面からも配慮した。

(Security NEXT - 2007/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
パスロジ、ファイル送受信用の暗号化サービス - 個人は無料
ファイル転送サービス「Kozutumi」を提供開始 - ハートビーツ
組織の決裁なしに公文書施行、職員を懲戒免職 - 群馬県
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
セキュ人材採用、日本は実務経験を重視 - キャリアパス提供は他国の半数以下
政府委託事業の旧ドメインを第三者が取得 - 偽サイトで外部誘導
「Atlassian Bitbucket」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース
約2割が外部メディアの紛失や盗難を経験 - 台帳管理の未実施も