Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Virtumonde」や「Stealth Keylogger」の感染が急拡大 - 危険度は「非常に高い」

ほかの不正プログラムをダウンロードさせるトロイの木馬「Zlob」が依然としてまん延していることが、ウェブルート・ソフトウェアがまとめた6月のスパイウェアランキングにより判明した。

先月に引き続き感染が広がっている「Zlob」は、偽のセキュリティ警告を表示するトロイの木馬をダウンロードさせるなど、ほかの不正プログラムを誘導して多重感染を引き起こす悪質なトロイの木馬。偽セキュリティ警告が頻繁に表示される場合には、感染の疑いがある。

また今回は、アドウェアやシステムモニタではあらたな感染拡大が報告されている。アドウェアの1位は圏外からランクインした「Virtumonde」。偽セキュリティソフトの広告を表示するもので、亜種が多数確認されている。完全に削除するのが難しく、危険度が「非常に高い」に設定されている。

またシステムモニタにおいても、圏外から「Stealth Keylogger」が1位にランクインした。パソコン上の操作を監視するもので、同社では危険度を「非常に高い」とし、インストールした覚えがない場合には注意が必要だ。

さらに企業や銀行幹部など特定のユーザーに対してメールでトロイの木馬が送りつけられるケースが報告されているという。OSやソフトの脆弱性を解消するとともに、ウェブルートでは、添付ファイルや本文中のURLを不用意に開かないよう注意を促している。

同社がまとめたアドウェア、トロイの木馬、システムモニタのトップ10は以下のとおり。

アドウェア

1位:Virtumonde
2位:DriveCleaner
3位:GAIN
4位:System Doctor 2006
5位:Maxifiles
6位:WhenU SaveNow
7位:CrackBHO
8位:CWS-AboutBlank
9位:Mirar WebBand
10位:UkVideo Dialer

トロイの木馬

1位:Trojan-Downloader-Zlob
2位:Trojan Agent Winlogonhook
3位:Trojan Hachilem
4位:Trojan-Downloader-Ruin
5位:Trojan-Darksma
6位:Trojan-Mespam
7位:Trojan-Backdoor-Poebot
8位:Trojan-Backdoor-TheCon
9位:MSBlast
10位:Trojan-Zero

システムモニタ

1位:Stealth Keylogger
2位:2Spy!
3位:iOpus ActMon
4位:Password Spectator
5位:Trojan Keylogger Lineage
6位:Captain Mnemo
7位:Email Password Logger
8位:UkVideo
9位:AtomicLog
10位:該当なし

(Security NEXT - 2007/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイバー攻撃で社内システムに障害、影響や原因など調査 - システム開発会社
機密情報管理の「HashiCorp Vault」に脆弱性 - アップデートを
「PHP 8.1.11/7.4.32」が公開に - 複数の脆弱性を解消
サーバやパソコンにサイバー攻撃 - JR西日本関連会社
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
ネットバンクの不正送金被害が激増 - 前年同期の約40倍に
スルガ銀のフィッシングに注意う- 本人確認を求める手口
SIA、「ファクトチェックセンター」を設置 - 真偽検証して情報配信
複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を