Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

業界6団体がさらなるフィルタリングの普及を目指してアクションプランを策定

電気通信事業者協会、テレコムサービス協会、日本インターネットプロバイダー協会、日本ケーブルテレビ連盟、電子情報技術産業協会、インターネット協会の6団体は、「フィルタリング普及啓発アクションプラン 2007」を策定した。

フィルタリングを推進するため、6団体では2006年に「フィルタリングの普及啓発アクションプラン」を策定し、フィルタリングへの認知度向上など普及啓発目指してきたが、その際の設定目標である7割をを実現したことから、一層の推進を目指して2007年のアクションプランを決定したもの。

「ISP」「携帯電話・PHS事業者」「パソコン」「フィルタリングソフトメーカー」など4分野において、啓発活動の推進やパソコンへのプリインストールやバンドル、契約時におけるフィルタリングの申し込み受付など、普及に向けて昨年からの取り組みをさらに推し進める計画。

(Security NEXT - 2007/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

親族名乗る第三者に恩給受給者の住所を漏洩 - 総務省
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
テンプレメールのBCCに無関係メアド、顧客情報が流出 - ルクールプラス
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
モバイルマーケ情報サイトが改ざん - 意図しない記事投稿やカテゴリ追加
「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
バックアップソフト「Macrium Reflect」に権限昇格の脆弱性