Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デルを騙るフィッシング詐欺メールに注意

コンピュータ小売り大手のデルを騙るフィッシング詐欺メールが確認された。

豪AusCERTやウェブセンスの同社研究機関であるWebsense Security Labsが確認したもの。メールではカメラの代金を請求する内容で、注文確認を騙って不正サイトへ誘引している。

アクセス先のサイトではJavaScriptが記載されており、8つの異なるIFRAMEタグが呼び出され、不正なコードをダウンロードしようとするという。同社を騙る手口そのものは新しいが、利用されているコードは古いもので、同社セキュリティ製品ではすでに対応済みだという。

(Security NEXT - 2007/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ファイルサーバに不正アクセス、データ流出か - 丸紅グループ会社
メールアカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 静岡病院
保健所で新型コロナ接触者情報が流出 - 岐阜県
医療機関向けデータ管理システムの旧版に深刻な脆弱性
Chrome機能拡張の開発者をFacebookが告訴 - 個人情報収集で
SonicWall製セキュリティアプライアンスに脆弱性
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
核物質使用者宛のメールで送信ミス、核防護情報は含まず - 原子力規制委
ウェブサイトに不正アクセス、スパム踏み台に - 大田花き
生活保護受給者のデータを改ざん、職員を処分 - 仙台市