Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フレッツやひかり電話の不通が解消 - 原因は調査中

NTT東日本は、不通となっていたインターネット接続サービスやIP電話が5月16日1時35分に全面回復したと発表した。

同社がサービス提供する東日本地域において、5月15日18時44分ごろから14都道県で約7時間にわたりサービスが利用できなくなった。影響がでたのは、フレッツサービス285万回線やひかり電話約59万回線。調査により不通となったより正確な回線数が判明しており、当初発表の不通回線数から減少している。

また今回の事故による顧客からの問い合わせは、0時半の時点で約1万1300件に上った。不通の原因は判明しておらず、同社では調査を進めているという。

NTT東日本
http://www.ntt-east.co.jp/

NTT東のフレッツやひかり電話が不通に - 17都道県約400万回線に影響
http://www.security-next.com/006000.html

(Security NEXT - 2007/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

再委託先で2度にわたりメール送信ミス - 新潟県
国家資格「登録セキスペ」の問題作成者を募集 - IPA
「小児医療情報収集システム」に不正アクセス - 国立成育医療研究センター
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
緊急事態宣言にともなうキャンセルメールで誤送信 - NEXCO東日本
新型コロナ陽性者の情報流出で対応窓口設置 - 福岡県
対象地域拡大する緊急事態宣言、テレワーク実施時はセキュ対策徹底を
Adobeがアップデートを公開 - 7製品に脆弱性