Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

千葉大付属病院医師が車上荒らしで個人情報盗まれる - 氏名や病名など

千葉大学医学部付属病院の医師が、患者の個人情報を記録したUSBメモリを紛失したことがわかった。

非常勤の医師が5月6日に、立ち寄った店舗駐車場で車上荒らしの被害にあったもので、鞄ごとUSBメモリを盗まれた。同メモリには、氏名やID、病名、手術日、退院日など、80件の個人情報が保存されていたという。

事件判明後、医師が警察へ被害届を提出、同院では関連する患者に対して謝罪を行っている。同院では、研究などに情報利用する場合は匿名化を実施するよう指示を行っていたが、守られていなかった。

(Security NEXT - 2007/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
SaaS型セキュ対策が活況 - アプライアンスは需要後退
小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を
東京女子大ウェブショップで個人情報流出の可能性
北朝鮮グループ「Lazarus」が悪用する10種類のツール
ファイルサーバに不正アクセス、データ流出か - 丸紅グループ会社