Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先から顧客の個人情報がネット上に流出 - 日本郵政公社

日本郵政公社は、郵便用機械の保守を委託している東芝ソシオシステムサポートから顧客情報が流出したと発表した。

流出したのは、顧客の氏名や住所58件や郵便物のあて名面の画像1件。東芝ソシオの元従業員が持ち出し、その後ファイル交換ソフト上へ流出したもの。同社員は、同社を2004年に退社している。

東芝ソシオでは、インターネット上で同社の情報が掲載されているのを発見、調査の結果流出を確認したという。掲示板などでは、鹿児島リコーの業務情報がWinny上へ流出した事件が発生した際、流出情報に同社の情報も含まれているとして話題に上っていた。

東芝ソシオシステムサポートでは、該当する顧客へ事情を説明、謝罪するという。

(Security NEXT - 2007/05/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ
ファイル共有サービス「クリプト便」に「PCI DSS」対応オプション
CSCとグローム、医療業界向けセキュリティサービスで提携
水道管調査サイトで一般利用者に管理者IDを誤発行 - 神戸市
米子会社にランサム攻撃、データ流出の可能性 - 小森コーポレーション
グローバル拠点のサイバーリスクを評価するサービス - 東京海上日動
小学校教員がフィッシング被害、クラウドにスマホ同期の業務画像 - 生駒市
過去の助成対象者情報含むファイルを研究者などへ送信 - 佛教大
脆弱性「FragAttacks」が判明 - ほぼすべてのWi-Fi機器に影響
イベント案内メール誤送信でメアド流出 - 中高生向けコミュニティ