Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

空知信金、印影など記載された貸金庫の利用者情報を紛失

空知信用金庫は、平岸支店において、貸金庫の利用情報21件が記載された書類の紛失が判明したと公表した。誤って廃棄処分した可能性が高いとしている。

所在が不明となっているのは、1996年4月1日から2000年3月31日の間、貸金庫を開ける際に契約者より受領した「貸金庫開庫依頼票」21件分。貸金庫の借主名、印影、金融機関名、貸金庫番号、依頼日、開庫および閉庫時刻、代理人による開庫の場合には代理人名など、個人情報が記載されていた。

同金庫では、昨年発生した顧客情報の紛失事故を受け、書類の保管状況などを再点検したところ判明した。2003年の書類整理の際、誤って廃棄処分した可能性が高いという。また、不正利用の連絡は寄せられておらず、同書類を悪用して、第三者が貸金庫を開閉させることもできないとしている。

(Security NEXT - 2007/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシングの注意喚起を装う「フィッシングメール」
「Cisco NX-OS」に6件の脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
送信先顧客リストをメールに誤添付 - NTTデータ数理システム
中学校で遠足指導中に生徒名簿を紛失 - 横浜市
クラウド設定不備による情報流出は発生せず - freee
メール送信ミスで歯科医師のメアド流出 - 科研製薬
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
テレビ通販サイトに不正アクセス - 関西テレビ関連会社
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞
JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中