Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報記載のノートがひったくり被害に - 山口の冠婚葬祭業者

冠婚葬祭事業などを手がける日本セレモニーは、3月16日に帰宅途中の社員がひったくりに遭い、顧客情報45件が記載されたノートを鞄ごと盗まれた。

被害に遭ったノートには、契約済みの顧客45名の氏名、住所、電話番号、生年月日などが記載されていた。ノートを入れた鞄を自転車の前かごに入れて帰宅していたところ、何者かがオートバイで近付いて鞄ごと持ち去ったという。

同社では該当する顧客に対し電話で報告。さらに責任者が訪問して謝罪した。再発防止策として、個人情報の持ち出し禁止を徹底するとともに、自転車のかごには防犯用のカバーを付けるよう指導するとしている。

(Security NEXT - 2007/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「テレワークセキュリティガイドライン」に改定案 - パブコメ実施
「Salesforce」ベースの自治体向けサービスで設定不備 - 71団体が導入
セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
「ノートン360」の上位製品に個人情報流出の通知機能
セキュリティコミュニティ形成のプラクティス集を公開 - 経産省
CiscoのWindows向けVPNクライアントに脆弱性 - 更新を
町会代表者の個人情報を入札関連サイトで誤公開 - 東京都
政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
「Office for Mac」向けにセキュリティ更新 - 脆弱性2件を修正
ふるさと納税の特設サイトに不具合、他人の配送情報 - 京丹後市