Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

建設事業者857社などのメールアドレスが流出 - 佐賀県

佐賀県は、外部関係者へ送信したメールを誤送信し、アドレスが流出したと発表した。

問題となったのは、県土づくり本部が3月27日、工事を発注した県内外の建設業者など857社を対象に送付したメール。アドレスを宛先に記載したため、受信者が他の受信者のメールアドレスを確認できる状態となった。

同県では、今回の件を謝罪するメールを関係者へ送付。誤送信したメールの削除を依頼した。また窓口などを設置し、相談などに応じるとしている。また、今回の事故について注意喚起を実施し、今までに事故につながるような事例がないか調査した上で再発防止を実施するとしている。

(Security NEXT - 2007/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

従業員が契約者のポイントを不正利用 - 日本生命
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
外出自粛期間、子どもの6割がアダルトコンテンツに遭遇
講習受講者情報がネット上で閲覧可能に - 電気工事技術講習センター
健康美容商品の卸売販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
「Cisco Application Services Engine」などに深刻な脆弱性