Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

建設事業者857社などのメールアドレスが流出 - 佐賀県

佐賀県は、外部関係者へ送信したメールを誤送信し、アドレスが流出したと発表した。

問題となったのは、県土づくり本部が3月27日、工事を発注した県内外の建設業者など857社を対象に送付したメール。アドレスを宛先に記載したため、受信者が他の受信者のメールアドレスを確認できる状態となった。

同県では、今回の件を謝罪するメールを関係者へ送付。誤送信したメールの削除を依頼した。また窓口などを設置し、相談などに応じるとしている。また、今回の事故について注意喚起を実施し、今までに事故につながるような事例がないか調査した上で再発防止を実施するとしている。

(Security NEXT - 2007/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
最新脅威やコロナ時代のセキュ課題など50以上のセッション - パロアルトがカンファレンスイベント
ソースコードに利用者のメールアドレス - ウェブ本棚サービス
「ドコモ口座」の一部利用者に対して本人確認実施 - NTTドコモ
無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社
就職相談予約した学生情報が閲覧可能に - 九大
新潟県で偽国勢調査員による「かたり調査」が発生
交付前のマイナンバーカード2枚が所在不明に - 茂原市
偽通販サイトが出没、正規サイトから画像や文章を盗用