Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

横浜市内の学校やケアセンターで個人情報の漏洩事故が複数発生

横浜市内において3月に入ってから同市教育関係者やケアセンターにおいて個人情報が複数発生している。

3月12日に戸塚区内の保育園職員の自宅に何者かが侵入し、空き巣による鞄の盗難が発生。鞄の中には保育園の鍵やUSBメモリが入っており、園児67名の氏名を含むクラス表や園児28名の氏名を含む卒園文集が流出した。また栄区では3月20日、同区内の中学校において生徒38名分の連絡票の紛失が判明している。

またケアセンターにおける個人情報の漏洩事故も発生している。3月8日には戸塚区内の東戸塚の地域ケアプラザにおいて利用者1名の個人情報を誤って第三者へファックスする事故が発生。3月15日には、平戸地域ケアプラザにおいて、利用者の請求書1枚を誤って別人に配布していたという。

(Security NEXT - 2007/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サプライチェーンのセキュリティ評価サービスを機能強化 - NRIセキュア
「baserCMS」の管理画面に複数の脆弱性 - アップデートで修正
Gmailメアドをスペルミス、個人情報が流出 - 京都市立芸術大
ゲーム利用者の約4割が複数ゲームアカウントでパスワードを使いまわし
入国者健康確認システムで不具合、他申請者からパスポートなど閲覧可能に
複数職員が個人メアドに資料送付、スペルミスで第三者へ - 新潟県
アジア太平洋地域の若年層対象イベント「GCC 2022 Online」、2022年1月に開催
パナソニックのサーバにサイバー攻撃 - 6月以降複数回にわたり
KDDIを偽装し、「料金未払い」などとだますSMSに注意 - 支払方法の指定が「iTunesギフトカード」
初期侵入「総当たり攻撃」と「脆弱性攻撃」で6割超 - カスペ調査