Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

取引先や従業員情報がWinny流出 - 明治安田生命関連会社

明治安田システム・テクノロジーは、業務情報が「Winny」経由で流出したと発表した。

3月12日に判明したもので、同社従業員宅の私用パソコンが2006年2月に暴露ウイルスへ感染し、その後Winny経由で情報漏洩したという。

流出したのは、顧客名や業務システムの概要、保守関連の情報など取引先情報5件や、同社従業者の氏名や住所、電話番号など365件の個人情報など。同社では、関連する取引先に対して謝罪、事情を説明を行った。

問題のパソコンには、ウイルス対策ソフトがインストールしてあったが、期限が切れていた。同社では、従来より私有パソコンにおける顧客情報の利用や保存を禁止し、最新ウイルス対策ソフトのインストールなどを指示していたという。同社では社内教育などを強化し、再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2007/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を
新コロ感染者情報、職員個人メアド宛の送信でミス - 和歌山市
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
植物園サイトに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 藤沢市
Drupalにアップデート、ライブラリの脆弱性へ対処
防衛省、セキュ人材発掘を目的にオンラインCTFを開催
2021年のサイバー月間は「ラブライブ!」とコラボ - ツール公開やイベントを予定
NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
メール誤送信でファンクラブ会員のメアド流出 - 奈良クラブ
問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者