Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客口座残高を振替委託者へ誤って通知 - 新潟労金

新潟県労働金庫は、顧客の口座残高を記載した内部資料を誤って口座振替の委託者へ提供していたと発表した。

同庫16支店において、振替を委託していた地方自治体や企業など52団体に、本来提供しない情報が記載されていた預金口座振替不能明細299件を提供したもので、1月23日に発覚。書類には、通常より提供している氏名や請求額、預金店、口座番号といった情報にくわえ、本来提供していない口座の残高についても記載されていた。

同庫では、事故発覚後に問題の書類について一部破棄されていたものを除き、すべて回収したという。また、関連する顧客に対しては電話や個別訪問を実施し、事情を説明して、謝罪。また連絡が取れない顧客にも書面で案内している。

(Security NEXT - 2007/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Zoho ManageEngine ServiceDesk Plus」にあらたな脆弱性が判明
Zoomに複数脆弱性、クライアントやSDKなど広く影響
研究成果公表サイトが改ざん、サイトを停止 - 愛媛大
元従業員が顧客リストの窃盗容疑で逮捕 - 大和証券
データ流出の可能性が判明、1年以上前から不審通信 - 沖電気
11月のフィッシング攻撃、「報告件数」「URL件数」ともに高水準
パナソニックのサーバにサイバー攻撃 - 6月以降複数回にわたり
入国者健康確認システムで不具合、他申請者からパスポートなど閲覧可能に
「Movable Type」ベースの「PowerCMS」にも深刻な脆弱性
ウェブメールクライアント「Roundcube」に深刻な脆弱性 - アップデートを強く推奨