Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客口座残高を振替委託者へ誤って通知 - 新潟労金

新潟県労働金庫は、顧客の口座残高を記載した内部資料を誤って口座振替の委託者へ提供していたと発表した。

同庫16支店において、振替を委託していた地方自治体や企業など52団体に、本来提供しない情報が記載されていた預金口座振替不能明細299件を提供したもので、1月23日に発覚。書類には、通常より提供している氏名や請求額、預金店、口座番号といった情報にくわえ、本来提供していない口座の残高についても記載されていた。

同庫では、事故発覚後に問題の書類について一部破棄されていたものを除き、すべて回収したという。また、関連する顧客に対しては電話や個別訪問を実施し、事情を説明して、謝罪。また連絡が取れない顧客にも書面で案内している。

(Security NEXT - 2007/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を
東京女子大ウェブショップで個人情報流出の可能性
北朝鮮グループ「Lazarus」が悪用する10種類のツール
ファイルサーバに不正アクセス、データ流出か - 丸紅グループ会社
メールアカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 静岡病院
保健所で新型コロナ接触者情報が流出 - 岐阜県
医療機関向けデータ管理システムの旧版に深刻な脆弱性
Chrome機能拡張の開発者をFacebookが告訴 - 個人情報収集で
SonicWall製セキュリティアプライアンスに脆弱性
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県