Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT東、総合セキュリティ対策サービス「フレッツ・ウイルスクリア」を開始

NTT東日本は、Bフレッツやフレッツ・ADSLユーザーを対象としたセキュリティメニューを一新し、ウイルスやスパイウェア、不正アクセス対策などのセキュリティ対策サービスを提供する「フレッツ・ウイルスクリア」を開始した。

同サービスは、トレンドマイクロとの協業により、ウイルスやスパイウェア、不正アクセス、フィッシング詐欺などへの対策を提供するもの。専用のサーバからセキュリティ対策ファイルが提供されるため、レンタル機器などの設置は必要ない。

1契約で最大3台のパソコンまで利用可能。月額利用料は420円。追加は1台から可能で、4台目以降の加算額は1台につき157.5円。ウイルス感染や不正アクセスが発生した際の通知、復旧を提供するサービス「フレッツ・レスキュー」と同時利用すると、315円の割引価格となる。

同社では、セキュリティ機能を備えたルータによりウイルスや不正アクセスを防止するハードウェアレンタルサービス「フレッツ・セーフティ」を提供してきたが、「フレッツ・ウイルスクリア」の提供にともない、サービスおよび対応機器のレンタルについては、新規申し込み受付を3月9日で終了する。

(Security NEXT - 2007/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
開示請求の照会文書を親会社へ誤送付 - 熊本労働局
オープンキャンパス申込者宛のメールで誤送信 - 静岡県立大
小学校で児童のPCR検査結果を複数保護者へ誤送信 - 守谷市
「FortiOS」「FortiADC」など複数のFortinet製品に脆弱性
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
VMware、複数製品向けにセキュリティアップデートを公開
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ