Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「QuickTime」のセキュリティアップデートが公開 - Mac版とWindows版に脆弱性

アップルは、マルチメディアソフト「QuickTime 7.1.3」の脆弱性を解決するアップデート「Security Update 2007-001」を公開した。

「QuickTime 7.1.3」には、一部URLの処理にバッファオーバーフローの脆弱性があり、同脆弱性を攻撃された場合、PCが乗っ取られる可能性がある。脆弱性は、Mac OS X版、Windows XP/2000版いずれも影響する。

Security Update 2007-001 について
http://docs.info.apple.com/article.html?artnum=304989-ja

アップル
http://www.apple.com/jp/

(Security NEXT - 2007/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
自治体防災メール、送信ドメイン認証「SPF」に9割対応 - 「DMARC」は1割強
エポック社の通販ショップで個人情報が流出 - メールプログラムに不具合
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も