Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

水泳教室参加者名簿を個人宅へファックス誤送信 - 横浜市緑の協会

横浜市緑の協会は、1月11日に水泳教室参加者115名分の氏名および年齢が記載された名簿を、市外の個人宅へ誤ってファックスにて送信したと公表した。

同協会清水ヶ丘公園事業所の職員が、同協会総務課へ名簿をファックスで送信したところ、誤って市外の個人宅へ送ってしまったというもの。同名簿には、水泳教室参加者115名分の氏名と年齢が記載されていた。

誤送信先から連絡を受けて事故が判明。同協会関係者では直接個人宅へ訪問して謝罪、名簿を回収したという。名簿に記載されていた参加者に対しても、個別に謝罪する。

同協会では、個人情報記載の書類はファックスの送信禁止としていたが、今回はそのルールが守られておらず、複数の職員によるファックス番号の確認も行っていなかった。今後は事務処理のルールを周知徹底するとしている。

(Security NEXT - 2007/01/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

省庁や独法などの攻撃対象領域保護を実施 - NISC
冊子発送先の個人情報を郵便局へ誤送付 - CCNC
2Qの脆弱性届け出は112件 - 前四半期から半減
高校生向けセミナーの申込フォームで設定ミス - 岩手県立大
6月のフィッシング、URL件数が過去最多を更新
障害はWindows端末の1%未満、重要サービスでの利用多く影響拡大
「OpenVPN」に「OVPNX脆弱性」 - 3月の更新で修正済み
CrowdStrikeによる障害、約850万台に影響 - あらたな復旧方法も準備中
「CrowdStrike」装う「フィッシング」や「偽修復ツール」に警戒を
先週注目された記事(2024年7月14日〜2024年7月20日)