Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SQLインジェクション被害発生22時間前に攻撃予兆を捕捉 - NECとラックが新技術

NECとラックは、データマイニング技術の活用により、サーバへの攻撃を予的するセキュリティ監視システムを開発した。

今回開発されたのは、大量なデータの解析から利用価値の高いデータを抽出するデータマイニング技術を活用したもの。NECの時系列データから変化点を検出するマイニングエンジン「ChangeFinder」と、ログから異常行動を検知する「AccessTracer」を活用ており、ラックは、ラックのセキュリティのノウハウを提供した。

同システムでは、大量のログから、攻撃の予兆やコンピュータ上の不審行動を自動検出でき、両社では、実際のデータを利用する実験において有効性を実証できたという。実証実験では、サーバに蓄積されたアクセスログから異常なふるまいを自動で検出し、SQLインジェクション攻撃の予兆を被害が発生する22時間前に検出することができた。また、イベントログについては、解析結果で高スコアだった上位1.5%に実際のなりすましを検出できたという。

両社は今後、データマイニング技術を適用した新しいセキュリティサービスの提供に向けて、引き続き実証実験を行うとしている。

(Security NEXT - 2006/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アカウント管理システムに侵害の痕跡、個人情報が流出 - 伊藤忠丸紅鉄鋼子会社
Dockerエンジンの認証プラグインに脆弱性 - CVSSは最高値だが悪用可能性は低
「BIND 9」にアップデート - DoS脆弱性4件を修正
Chromeのアップデートが公開 - セキュリティ関連で24件の修正
「MS Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
特権アクセス管理製品「Symantec PAM」に複数脆弱性 - 「クリティカル」も
JupyterLabの機能拡張作成用テンプレートに脆弱性 - リポジトリに影響
イベント申込フォームで設定不備、個人情報が閲覧可能に - 多摩SDC
写真教室参加希望者宛のメールで誤送信 - 宮城県東北歴史博物館