Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

講演会参加者名簿を置き忘れて紛失 - 総務省

総務省は、12月4日に松山市内で101名分の個人情報が記載された名簿を置き忘れ、紛失したと発表した。

紛失した名簿には、12月5日に同省四国総合通信局が開催した講演会への参加申込者101名分の氏名や所属団体名、所属部署などが記載されていた。名簿を松山市内の郵便局に置き忘れ、30分後に気付いたが、書類はすでに持ち去られたあとだった。

同局では、講演会の会場で紛失の事実を報告して謝罪。また、名簿に記載されていた関係者に対しては、個別に連絡し、100名と連絡が取れ、説明と謝罪を行った。残り1名についても対応を行っているという。

(Security NEXT - 2006/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信でボランティア参加者のメアド流出 - 富山県
Zoomに複数脆弱性、クライアントやSDKなど広く影響
生徒や教員の情報含むPCが盗難、HDDは暗号化済み - 広島大付属中
「一斉送信機能」がメール誤送信の原因に - 諏訪市
サイトが侵害被害、検索サイト経由で無関係サイトにリダイレクト - 宝塚大
VPN製品「Pulse Connect Secure」にDoS攻撃受けるおそれ - アップデートで修正
サプライチェーンのセキュリティ評価サービスを機能強化 - NRIセキュア
「baserCMS」の管理画面に複数の脆弱性 - アップデートで修正
Gmailメアドをスペルミス、個人情報が流出 - 京都市立芸術大
ゲーム利用者の約4割が複数ゲームアカウントでパスワードを使いまわし