Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

亜種が150種類以上、悪質化するワーム「STRATION」に注意

トレンドマイクロは、2006年11月度のウイルス感染レポートを公開した。同社サポートセンターに寄せられた被害報告をまとめたもの。

今月の被害報告は7477件で、先月の8806件から減少した。各ウイルスごとの被害報告も減少しているが、同社では、感染被害が分散化していると分析している。

また、被害報告トップとなったマスメール型ワーム「WORM_STRATION」の被害件数そのものは減少しているものの、150種類以上の亜種が登場。従来と異なりスパイウェアをダウンロードするタイプも登場しており、同社では注意を促している。

1位:WORM_STRATION
2位:TSPY_LINEAGE
2位:WORM_SDBOT
4位:WORM_RBOT
5位:BKDR_AGENT
6位:JAVA_BYTEVER※(2)
7位:ADW_FLASHGET.E
8位:TROJ_SMALL
9位:PE_VIRUT
10位:ADW_WINFIXER

(Security NEXT - 2006/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

なりすましメールでEmotet感染、情報流出 - 防犯カメラメーカー
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
最新脅威やコロナ時代のセキュ課題など50以上のセッション - パロアルトがカンファレンスイベント
ソースコードに利用者のメールアドレス - ウェブ本棚サービス
「ドコモ口座」の一部利用者に対して本人確認実施 - NTTドコモ