Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSのセキュリティソフト「Windows Live OneCare」、2007年1月30日に正式版

マイクロソフトは、ウイルス対策とメンテナンス、バックアップ機能などを備えた統合セキュリティソフト「Windows Live OneCare日本語版」の正式版を2007年1月30日より発売する。

同製品は、ウイルス対策、システムメンテナンス、バックアップの3機能を備えた統合セキュリティソフト。ベータ版は10月より提供されている。プロテクト」機能では、ウイルス、スパイウェア、悪意あるプログラムなどを検出、削除する。ファイアウォールでは、外からの侵入だけでなく内からの送信も監視し、情報流出を防ぐ。

「パフォーマンス」機能では、HDD内の断片化されたデータを再配置して空き容量を増やすデフラグや、不要な一時ファイルの削除、圧縮を行うことでパフォーマンスを最適化する。「バックアップと復元」機能では、外付けHDDのほか、CD-RやDVD-R、USBメモリ、ネットワーク上のPCにもバックアップが可能。

価格は、パッケージ版が6825円、ダウンロード版が5775円。キャッシュバックキャンペーンや無料トライアルキャンペーンなど、各種キャンペーンも実施する予定。

(Security NEXT - 2006/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米親会社委託先にサイバー攻撃 - 希少疾患の製薬会社
未使用でも影響、7月修正の「IEゼロデイ脆弱性」 - 遅くとも5月に悪用
2Qはインシデントが約8.5%増 - フィッシングが増加
アカウント管理システムに侵害の痕跡、個人情報が流出 - 伊藤忠丸紅鉄鋼子会社
Dockerエンジンの認証プラグインに脆弱性 - CVSSは最高値だが悪用可能性は低
「BIND 9」にアップデート - DoS脆弱性4件を修正
Chromeのアップデートが公開 - セキュリティ関連で24件の修正
「MS Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
特権アクセス管理製品「Symantec PAM」に複数脆弱性 - 「クリティカル」も