Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

特定分野のURL記載メールを拒否可能に - NTTドコモが迷惑メール対策

NTTドコモは、迷惑メール対策を強化し、特定分野のURLが記載されたメールを拒否できる機能を2007年4月上旬をめどに提供開始する。

成人向け情報や出会い系のURLが記載されたメールを受信拒否できる機能で、URLのデータベースはネットスターより提供を受ける。ネットスターのデータは、すでに2005年より提供されているNTTドコモのフィルタリングサービス「Kid’s iモードプラス」でも採用されている。

(Security NEXT - 2006/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

デバイス紛失にサポートする「ビジネス端末レスキュー」 - NTTドコモ
名刺交換機能に不具合、名刺情報が流出 - 東京ビッグサイト
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
さよなら「Adobe Flash Player」 - 年末でサポート終了
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件
「羽生結弦カレンダー」通販サイトに不正アクセス - 詳細調査中
政治資金収支報告書の領収書写しを紛失 - 大阪府選管
メールセキュ製品「InterScan Messaging Security」に複数の脆弱性